1
画像参照:Bert Kaufmann

ヨーロッパの東に位置するウクライナは、日本人の場合、90日以内ならビザ不必要で観光することができるため、長期の旅行をお考えの際には旅行先として最適です。首都キエフには、広大な植物園や緑豊かな公園が数多く点在しています。またとても煌びやかな修道院や大聖堂もたくさんある事から観光地としても楽しめます。

その中でも有名なキエフ・ペチュールシク大聖堂や、キエフ最古の聖ソフィア大聖堂は、世界文化遺産にも登録されており一見の価値ありです。また、こうした煌びやかな観光地が数多くある一方で、チェルノブイリ博物館など、少し変わった趣向の観光地も存在しています。チェルノブイリ博物館では、キエフの北西のチェルノブイリで起こった原子力発電所事故について様々なことを学ぶことができます。また、チェルノブイリ電子力発電所自体にも訪れることが可能です。自由な出入りはできませんが、観光ツアーなどに申し込めば、発電所を観光することができます。

ウクライナのほかの観光地としては、恋のトンネルがあります。最近TVなどでも紹介されていますが、恋のトンネルは、線路沿いに木々がトンネルのように囲っている幻想的な場所になります。しかも、この線路はまだ廃線してはいませんので、今でも、一日数本の電車が通過しています。その電車に乗ることができれば、幻想的な風景を楽しむことが出来るでしょう。

見所が盛りだくさんなウクライナは、食事だって盛りたくさんです。ロシアのイメージが強いボルシチですが、実はウクライナが発祥の地だったりします。他にも、ヴァレーヌィクという伝統料理は日本の餃子に少し似ています。ウクライナでは美しい景色とおいしい料理で、心も体も癒すことができそうです。